麦めしブログ~日々コレごちそう~

美味しいものや、お料理への愛は深いです。が、手料理の評判はイマイチ!美味しいもの好きのための美味しいもの好きによるブログ

3分クッキング【鶏手羽先の黒酢煮】

3分クッキング【鶏手羽先の黒酢煮】【夏野菜の塩水漬け】レシピ

f:id:morimugi404:20170822190355j:plain

こんにちは!

3分クッキングでは2種類の酢で煮込む【鶏手羽先の黒酢煮】を紹介していました。

酢(米酢や穀物酢)でやわらかく煮てから、仕上げに黒酢と調味料をからめてコクを出すのが美味しさのポイントです。 夏にピッタリのさっぱりとした煮ものです。冷めてもおいしいので、持ち寄りの一品としてもおすすめですよ。 

一緒にさっぱりとした【夏野菜の塩水漬け】も【鶏手羽先の黒酢煮】の献立としてもピッタリです。この塩水漬けは、たっぷり作っておくととっても便利です。日を追うごとに塩気が効いてきますので常備菜としても活躍します。  野菜は、みょうが、キャベツ、ラディッシュなど色々な野菜で楽しめますので、冷蔵庫にある余った野菜などで試してみるのもオススメです。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

 【鶏手羽先の黒酢煮】レシピ

f:id:morimugi404:20170822190418j:plain

材料(4人分)
  • 鶏手羽先 ・・・16本(700g)
  • しょうが(薄切り)・・・ 1かけ分
  • 赤唐辛子・・・ 2本  
  • 水・・・ 2+1/2カップ  
  • 酢 ・・・1/2カップ  
  • 黒酢・・・ 1/4カップ  
  • しょうゆ・・・ 大さじ2  
  • 砂糖 ・・・大さじ1/2
作り方

1.鶏手羽先は裏側の骨に沿って味が染み込みやすいように1本切り込みを入れます。沸騰している湯に入れ、全体が白っぽく、ふっくらするまで茹でてザルに上げます。

✱POINT✱

●鶏手羽先は鶏の臭みが取れるので、一手間ですが必ず茹でてください。

f:id:morimugi404:20170822190830j:plain

2.中華鍋に①の鶏肉と薄切りにしたしょうが、赤唐辛子、分量の水と酢を加えて火にかけ、煮立ったら中火で25分煮ます。

f:id:morimugi404:20170822190519j:plain

3.汁気が1/4量くらいになったら、黒酢、しょうゆ、砂糖を加え、煮汁をからめながら煮つめて照りが出てきたら完成です。

✱POINT✱

●お好みで山椒をふっても美味しいです。

※黒酢を使ったガツンとレシピ【男子ごはんの黒酢豚】もオススメです!

f:id:morimugi404:20170822190601j:plain

※オススメの黒酢は鎮江香酢です。中国・江蘇省鎮江で作られる香り豊かでコクが強い、テレビで紹介されてから爆発的な人気が出て売り切れ続出の黒酢です。

【夏野菜の塩水漬け】レシピ

野菜の分量は総量で700gくらいが目安です。日持ちは冷蔵庫で5日間ほどとなっています。 

f:id:morimugi404:20170822190635j:plain

材料(4人分)
  • きゅうり・・・ 2本(200g)
  • 大根 ・・・300g
  • にんじん・・・ 1/2本(80g)
  • なす・・・ 1個(100g)
  • しょうが・・・ 1かけ

《塩水》  

  • 水・・・ 5カップ  
  • 塩 ・・・25g  
  • 赤唐辛子 ・・・1本  
  • 昆布 (5cm)・・・1枚
作り方

1.塩水を作ります。《塩水》の材料の水を沸騰させたら塩を分量分入れて、煮立ったら火を止めて冷まします。

2.赤唐辛子はヘタと種を除いておきます。しょうがはせん切り、きゅうりは細長い乱切りにし、大根、にんじん、なすとも、きゅうりと同じ大きさになるように細長い乱切りに揃えておきます。

✱POINT✱

●野菜は食べやすいように細めの乱切りにします。

f:id:morimugi404:20170822190708j:plain

3.保存容器に②でタネを除いた赤唐辛子、昆布を入れたら②の野菜を加え、冷めた①の塩水を注ぎ、ラップを直接かぶせ、さらにふたをして冷蔵庫におきます。

✱POINT✱

●1時間後くらいから美味しく食べられます。

f:id:morimugi404:20170822190752j:plain

 

おびゴハン!アレンジそうめんレシピ【そうめんチャンプルー】

おびゴハン!【そうめんチャンプルー】【もやしお好みたまご】レシピ

f:id:morimugi404:20170822131637j:plain

こんにちは!

おびゴハン!では、夏の定番そうめんをアレンジしてもっと幅広くそうめんを楽しめるアレンジそうめん特集をしていました。

旬の野菜をたっぷり使って作る【そうめんチャンプルー】を東京・銀座にある人気店「銀座 やまの辺 江戸中華」の山野辺 仁シェフが紹介していました。

一緒に余ったもやしで超カンタンに作るお好み焼き風【もやしお好みたまご】も献立として役立ちます。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

【そうめんチャンプルー】レシピ

1束のそうめんが夏野菜をたっぷりの栄養満点のチャンプルーに変身します。

f:id:morimugi404:20170822131730j:plain

 材料 (約2人分)
  • そうめん ・・・2束(200g)
  • ゴマ油 ・・・小さじ1
  • とうもろこし ・・・1/2本
  • タマネギ ・・・小1個
  • ナス ・・・2本
  • ズッキーニ・・・ 1/2本
  • 油揚げ・・・ 2枚
  • プチトマト・・・ 10個
  • ニンニク・・・5g
  • もやし・・・ 100g
  • サラダ油 ・・・適量
  • 《炒めダレ》
  • めんつゆ・・・ 大さじ3
  • 水・・・ 150ml
  • 練りゴマ ・・・大さじ1
  • ゴマ油・・・ 小さじ2
作り方

1.野菜を切ります。 ニンニクはみじん切りにし、タマネギは繊維に沿って薄切り、ナスは皮を剥いて縦半分に切ってから斜め切り、ズッキーニは2mm幅程度の半月切り、油揚げは5mm幅に切り、プチトマトはヘタをとって縦半分に切り、とうもろこしはレンジや湯煎で加熱した後、2cm幅の半月切りにしておきます。

✱POINT✱

●野菜はこの他にも冷蔵庫にある野菜なら何でもOKです。彩りと食感が異なる野菜を組み合わせると仕上がりがキレイになります。

f:id:morimugi404:20170822131814j:plain

2.そうめんを15秒ほど茹で、氷水でしめて、ザルにあげてしっかりと水気を切り、バットに移してゴマ油を絡め下ごしらえをします。

✱POINT✱

●あとで炒めるので15秒だけ茹でます。

f:id:morimugi404:20170822131838j:plain

3.ボウルに《炒めダレ》を作ります。水、めんつゆ、練りゴマ、ゴマ油を入れて混ぜ合わせておきます。

✱POINT✱

●練りゴマを加えてコクUP!

f:id:morimugi404:20170822131904j:plain

4.フライパンにサラダ油を熱し、中火で②で茹でたそうめんを入れて炒め、焼き色がついたら1度バットに取り出します。

f:id:morimugi404:20170822131927j:plain

5.同じフライパンにサラダ油、ニンニクを熱し、香りが出たら油揚げを入れてカリッとするように焼き、ズッキーニ、タマネギ、ナスを入れて炒め、野菜がしんなりしたら④の《炒めダレ》を加え、プチトマト、とうもろこし、もやしを入れ炒めます。野菜から水気が出てきたところで、フライパンの端に野菜をよせ、④のそうめんを入れて絡め、器に盛りつけたら完成です。

※とうもろこしで作る【男子ごはんのもろこし天茶めし】もオススメです。

f:id:morimugi404:20170822131956j:plain

【もやしお好みたまご 】レシピ

材料費たったの50円の超節約レシピ!

f:id:morimugi404:20170822132025j:plain

材料 (約3〜4人分)
  • もやし ・・・1/2袋(100g)
  • 薄力粉 ・・・大さじ2
  • 卵・・・ 2個
  • 水 ・・・50ml
  • 和風だしの素・・・ 小さじ1
  • サラダ油・・・ 適量
  • ケチャップ・・・ 適量
  • 粉チーズ・・・ 適量
  • 乾燥パセリ・・・ 適量
  • お好みソース ・・・適量
  • マヨネーズ・・・ 適量
  • 青のり ・・・適量
作り方

1. 卵に、水、和風だしの素を混ぜます。もやしに薄力粉をふって絡めたものを入れ、さらに混ぜ合わせます。

f:id:morimugi404:20170822132107j:plain

2.フライパンにサラダ油をひき、①を流し入れ、片面をじっくりと焼き、卵が固まってきたらひっくり返し裏面を軽く焼きます。

f:id:morimugi404:20170822132130j:plain

3.器に盛り付け、半分にケチャップ、粉チーズ、乾燥パセリを、もう半分にはお好みソース、マヨネーズ、青のりをかけたら完成です。

f:id:morimugi404:20170822132159j:plain

3分クッキング【白身魚の寒天寄せ】レシピ

3分クッキング【白身魚の寒天寄せ】レシピ

f:id:morimugi404:20170822122244j:plain

3分クッキングでは見た目にも涼しげで、おもてなしにもぴったりな【白身魚の寒天寄せ】を紹介していました。

白身魚と彩りの豊かな具材を合わせて取り合わせていきます。ハードルの高そうな寒天寄せも、粉寒天を使うことでグッと作りやすくなります。

 レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

材料(4人分 14×11cm×高さ5cmの容器1台分〈約600ml〉)

  • 白身魚(刺身用)・・・ 100g  

(下味:塩・・・少々 酒・・・小さじ2)

《寒天液 》 

  • 粉寒天・・・ 5g  
  • だし汁・・・ 3カップ  
  • 塩 ・・・小さじ2/3  
  • しょうゆ・・・ 小さじ2/3  
  • みりん・・・ 小さじ2
  • 木くらげ(乾燥) ・・・2g
  • にんじん・・・ 1/5本(30g)
  • オクラ ・・・2本(20g)
  • だし汁・・・ 1カップ
  • おろしわさび・・・ 適量

作り方

1.白身魚は刺身用を用いて皮も引き、薄いそぎ切りにします。塩、酒をふって10分ほどおいておきます。

✱POINT✱

●薄く切りすぎると扱いにくいので、少し厚めに切ります。

f:id:morimugi404:20170822122317j:plain

2.木くらげは水でもどし、よく洗って石づきを取ってせん切りにします。にんじんは3cmほどの長さに切ってせん切りに、オクラは表面を塩でもみ、よく洗いガクのまわりをぐるりとむき、小口切りにしておきます。

f:id:morimugi404:20170822122348j:plain

3.具材を茹でていきます。鍋にだし汁1カップ、塩、しょうゆ各少々を入れて温め、①の白身魚をさっと煮て白っぽくなったら、とり出します。続けて②のにんじん、オクラ、木くらげを入れ、2~3分煮てとり出し、汁気をきります。

✱POINT✱

●野菜を煮た時は、にんじんを食べて確認して柔らかいところまで煮てください。寒天に入れた時に硬いと美味しくなくなってしまいます。

●白身魚、野菜を煮た煮汁は、良いだしが出ているので、ねぎなどを散らして吸いものなどにしてもよい。

f:id:morimugi404:20170822122431j:plain

4.《寒天液》を作ります。別の鍋に寒天液のだし汁を入れ粉寒天をふり入れ混ぜます。火にかけ混ぜながら煮ます。煮立ったら塩、しょうゆ、みりんを加え、さらに混ぜながら2~3ほど混ぜながら透明感が出るまで煮て、火を止めて粗熱をとります。

✱POINT✱

●粉寒天は、必ず火にかける前に入れ溶かし混ぜます。

5.容器は一度ぬらして水気をきり、④の粗熱をとった寒天液の2/3量を流し入れます。③で茹でた木くらげ、にんじん、オクラを加え、軽くほぐして全体に行き渡らせます。上に白身魚を並べ、残りの寒天液を流し入れます。気泡が出来た場合はティースプーンなどで気泡を潰しておきます。

✱POINT✱

●容器は保存容器などでもOKです。

●具材を入れる時は、あまり泡が立たないようにそっと入れます。

●寒天液が固まってしまったら、弱火にかけて煮溶かします。

f:id:morimugi404:20170822122519j:plain

6.粗熱をとり、氷水をはったバットに入れて表面を冷やし固めてから、冷蔵庫で30分ほど冷やしたら容器からとり出し、4等分に切って器に盛り、おろしわさびを添えたら完成です。

 ✱POINT✱

●切る時は包丁を落とすように切るとキレイに切れます。

※白身魚はカレーにも変身します!【フィッシュフレンチカレー】もオススメです。

f:id:morimugi404:20170822122556j:plain

朝日 粉かんてん 40g

粉寒天・・・ 寒天は海藻のテングサなどを煮溶かしてこし、固めて冷凍乾燥させたものです。これを粉末にした粉寒天は、溶けやすく、扱いやすいので色々な料理やスイーツなどで幅広く使えます。

ノンストップ!【ゴーヤの冷やしうどん】レシピ

ノンストップ!「笠原将弘のおかず道場」【ゴーヤの冷やしうどん】レシピ

f:id:morimugi404:20170822114946j:plain

こんにちは!

ノンストップ!内のコーナー「笠原将弘のおかず道場」では笠原将弘シェフが【ゴーヤの冷やしうどん】を紹介していました。

夏の定番ゴーヤをチャンプルーなど炒めもの以外でも美味しく頂けるようにゴーヤの苦みを抑え、旨味を引き出した笠原流のテクニックは必見です。

つゆに豆乳を加えることでゴーヤと相性バツグンのコク旨なお店の味が完成しますよ。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • うどん・・・2玉
  • ゴーヤ・・・1/2本
  • タマネギ・・・1/4個
  • トマト・・・1個
  • ランチョンミート・・・75g
  • 粗挽きコショウ(黒)・・・適量
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・・・適量
  • しょうゆ・・・大さじ1/2

《豆乳つゆ》

  • だし汁・・・150cc
  • しょうゆ・みりん・・・各25cc
  • 豆乳・・・200cc
  • 温泉卵・・・2個

作り方

1.《豆乳つゆ》を作ります。鍋にだし汁・しょうゆ、みりんを入れてひと煮立ちさせたら粗熱をとり、豆乳を加えて冷蔵庫で冷やしておきます。

✱POINT✱

●豆乳を混ぜてまろやかなつゆに仕上げます。

●豆乳は熱いまま入れると分離してしまうため、冷めてから入れてください。

f:id:morimugi404:20170822115015j:plain

2.ゴーヤは縦半分に切り、タネとわたを取り除き薄切りにしていきます。タマネギは薄切り、トマトはくし形切り、ランチョンミートは棒状に切っておきます。

✱POINT✱

●ゴーヤの苦みはタネとわたから出ているというのは本当ではなく、タネとわたを除いたからといって苦みは消えません。ゴーヤは薄切りにすることで苦みを抑えることが出来ます。

3.うどんを表示通りに茹で、冷水で洗い冷やしておきます。

4.熱したフライパンに多めのサラダ油(大さじ2)を入れてゴーヤを炒めて少ししたらタマネギ、ランチョンミートを入れ粗挽きコショウ(黒)をふり、野菜がしんなりするまで炒めます。

✱POINT✱

●ゴーヤは多めの油で炒めることで苦みを抑えることが出来ます。

●粗挽きコショウは多めがオススメです。

f:id:morimugi404:20170822115258j:plain

5.野菜がしんなりしてきたらトマトを入れ、酒、塩、しょうゆをふり入れ炒めていきます。

f:id:morimugi404:20170822115329j:plain

6.③のうどんを器に盛り、①の冷やしておいた豆乳つゆをかけ、⑤のゴーヤを上にのせ盛り付けたら、お好みで温泉卵をのせて完成です。

✱POINT✱

●ゴーヤは熱々のまま盛り付けるのがオススメです。

※ゴーヤの新しい食べ方【サルサソースのボートフライ】レシピもオススメです。

f:id:morimugi404:20170822115352j:plain

ノンストップ!【豚肉とあったかトマトのさっぱりあえ】【玉吸い】レシピ

ノンストップ!「行列シェフのまかない家ごはん」【豚肉とあったかトマトのさっぱりあえ】【玉吸い】レシピ

f:id:morimugi404:20170821211100j:plain

こんにちは!

ノンストップ!内のコーナー「行列シェフのまかない家ごはん」では東京・恵比寿にある和食の人気店「新割烹 恵比寿かのふ」の香山孝宣シェフが超簡単に作れてしまう、暑い夏の日にピッタリのさっぱりとしたスピードレシピを紹介していました。

トマトと豚肉を茹でてタレで和えるだけの【豚肉とあったかトマトのさっぱりあえ】と、豚肉を茹でた茹で汁で作る【玉吸い】の2品です。

簡単なのに本格的なお店の味になる旨味を逃さない香山シェフのテクニックは必見ですよ!

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

【豚肉とあったかトマトのさっぱりあえ】レシピ

f:id:morimugi404:20170821211403j:plain

材料(2人分)
  • トマト・・・・1個
  • 豚バラ肉・・・・100g

《タレ》

  • しょうゆ・・・・大さじ1
  • ショウガ・・・・大さじ1
  • 酢・・・・大さじ1
  • みりん・・・・大さじ1
  • ゴマ油・・・・大さじ1/2
  • いりゴマ(白)・・・・適量

《付け合せ》

  • かいわれ大根・・・・1/5パック
  • パプリカ(黃)・・・・1/4個
  • 焼きのり・・・・適量
作り方

1.《付け合せ》のかいわれ大根は根元を切り、パプリカは縦に細切りに、焼きのりは小さめに切っておきます。

2.トマトは大きめの乱切りにし、豚バラは食べやすい大きさに切ります。

3.鍋に湯を沸かし、②の乱切りにしたトマトを10秒ほど湯通しします。トマトをザルにあけ、続いて豚バラ肉を鍋の火を止めたところに入れ、色が変わるまで入れておきます。

f:id:morimugi404:20170821211430j:plain

4.豚肉を湯通しいている間に、ボウルに《タレ》の材料のしょうゆ、ショウガ、酢、みりん、ゴマ油、いりゴマ(白)を混ぜ合わせておきます。

f:id:morimugi404:20170821211507j:plain

5.③で湯通ししたトマトと豚バラ肉をサッと水を切ったら④の《タレ》と和えます。

f:id:morimugi404:20170821211609j:plain

6.器に⑤を盛り付け、①で準備しておいたパプリカ、かいわれ大根、上からのりをかければ完成です。

※トマトは丼にも!【とろとろ卵と湯葉の鶏すき丼】もオススメです!

f:id:morimugi404:20170821211638j:plain

【玉吸い】レシピ

f:id:morimugi404:20170821211701j:plain

材料(作りやすい分量)
  • 豚肉だし汁・・・・適量
  • しょうゆ・・・・小さじ1
  • 塩・・・・小さじ1
  • みりん・・・・小さじ1/3
  • 顆粒和風だし・・・・8g
  • 卵・・・・1個
作り方

1.豚肉を茹でた鍋にしょうゆ、塩、みりん、顆粒和風だしを入れ、サッと混ぜ合わせたら、卵を溶き、回し入れ軽くかき混ぜたら完成です。

※男子ごはんの【黒酢豚の中華定食】からもお手軽スープが作れます!

f:id:morimugi404:20170821211740j:plain

 

男子ごはん 【黒酢豚】がメインの中華定食レシピ

男子ごはん 【黒酢豚】【チンゲン菜と干しエビの炒め物】【お手軽スープ】レシピ

f:id:morimugi404:20170820131451j:plain

こんにちは!

男子ごはん では黒酢豚がメインの中華定食を紹介していました。

豚肉の柔らかさにこだわって角煮のように1度煮込んでから、とろりとした食感に仕上げる【黒酢豚】に、豚を煮込んだ煮汁を有効活用した【お手軽スープ】、付け合せは中華の定番チンゲン菜を使った【チンゲン菜と干しエビの炒め物】の3品です。

献立に役立つ3品レシピとなっています。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

【黒酢豚】レシピ

豚肉のみ!煮込んでやわらかジューシーに!

f:id:morimugi404:20170820131545j:plain

材料(2人分)
  • 豚肩ロース(かたまり肉)・・・500g

《a》  

  • 水・・・800㏄  
  • 紹興酒・・・大さじ1/2  
  • 塩・・・小さじ1/3

《b》  

  • 黒酢・・・大さじ4  
  • しょうゆ、砂糖・・・各大さじ1  
  • オイスターソース・・・大さじ1/2  
  •  片栗粉・・・小さじ1/3
  • 緑豆春雨・・・適量
  • 片栗粉、揚げ油・・・各適量
作り方

1.鍋に《a》の材料の水、紹興酒、塩、豚肉を入れて蓋をして強火にかけ、沸いていたら火を弱めて80分煮込みます。

✱POINT✱

●豚肩ロース肉は塊のまま煮ていくことで、ジューシーに仕上がります。

f:id:morimugi404:20170820131514j:plain

2.煮込んだら5㎝ほどの角に切りわけます。

f:id:morimugi404:20170820131627j:plain

3.《b》の調味料、黒酢、しょうゆ、砂糖、オイスターソースを混ぜ合わせておきます。

4.春雨の飾りを作ります。180℃の揚げ油で緑豆春雨を揚げていきます。

f:id:morimugi404:20170820131707j:plain

5.同じ油で続けて②で切っておいた豚肉に片栗粉をまぶし強火でひっくり返しながら揚げ、衣が少し色づいてきたら取り出します。

✱POINT✱

●豚肉に片栗粉の衣をしっかりつけて揚げることで黒酢のタレがよく絡みます。

f:id:morimugi404:20170820131733j:plain

6.熱したフライパンに③で合わせた調味料を入れてひと煮立ちさせ、⑤の豚肉を加えてからめます。器に④の春雨、酢豚を盛りつけたら完成です。

f:id:morimugi404:20170820131808j:plain

✱POINT✱

●黒酢は鎮江香酢がオススメだそうです。中国・江蘇省鎮江で作られる香り豊かでコクが強い、テレビで紹介されてから爆発的な人気が出て売り切れ続出の黒酢だそうです。

【チンゲン菜と干しエビの炒め物】レシピ

チンゲン菜の食感が命!炒め物の大事なポイントを押さえながら作ります。

f:id:morimugi404:20170820131910j:plain

材料(2~3人分)
  • チンゲン菜・・・2株
  • 干しエビ・・・5g
  • にんにく・・・1片
  • 赤唐辛子・・・1本

《a》  

  • オイスターソース・・・大さじ1  
  • しょうゆ、紹興酒・・・各小さじ1  
  • 砂糖・・・小さじ1/3
作り方

1.《a》の調味料、オイスターソース、しょうゆ、紹興酒、砂糖を混ぜ合わせておきます。

2. 干しエビ、にんにくはみじん切りにしフライパンに入れて、ごま油(大さじ1.5)とともに火にかけます。

✱POINT✱

●干しえび、にんにくの風味をごま油にしっかり移してから炒めることで全体に風味が広がり美味しく仕上がります。

3.チンゲン菜は根元を少し切り落とし、葉を1枚ずつはがします。茎の硬い部分は半分に切り、残りは長さ3等分に切ります。

✱POINT✱

●葉と茎の部分を3分割して準備することで、炒めた時の火の入り具合を調節し食感を生かします。

f:id:morimugi404:20170820131951j:plain

4.香りが出てきた②のフライパンに、ちぎった赤唐辛子を種ごと加え中火で炒めます。チンゲン菜の茎、葉の順に炒め、少ししんなりしたら①の合わせ調味料を加えて炒め合わせて完成です。

※干しえびを使った【男子ごはんのアレンジ冷やし中華】もオススメです!

f:id:morimugi404:20170820132031j:plain

【お手軽スープ】レシピ

豚肉の煮汁を有効活用!

f:id:morimugi404:20170820132056j:plain

材料(1~2人分)
  • 豚肉の煮汁・・・300cc
  • しいたけ・・・2個
  • 長ねぎ・・・適量
  • みりん・・・小さじ1
  • 薄口しょうゆ・・・少々
  • 塩、白こしょう・・・各適量
作り方

1.しいたけは軸を落として縦に薄切りにし、長ねぎは斜め薄切りにします。

f:id:morimugi404:20170820132210j:plain

2.鍋に豚肉の煮汁、しいたけ、みりん、薄口しょうゆを入れて火にかけてひと煮したら長ねぎを加えて火を止めます。 味をみながら塩、白こしょうで調えれば完成です。

f:id:morimugi404:20170820132236j:plain

3分クッキング【グリーンカレー】レシピ

3分クッキング【グリーンカレー】レシピ

f:id:morimugi404:20170819123007j:plain

こんにちは!

3分クッキングではハーブの風味と爽やかな辛味が人気の【グリーンカレー】を神楽坂にある人気店「MAISON DE TUYUKI」の村上千砂シェフが紹介していました。

ココナッツミルクを入れることで辛さの中にまろやかな甘みが広がります。

タイでは米のめんにかけて食べることが多く、日本のそうめんや中華麺にもよく合います。つけ麺にしたりアレンジの幅が広がるのもグリーンカレーの特徴です。

レシピとポイント、各種スパイスを詳しく紹介したいと思います。

【グリーンカレー】レシピ

f:id:morimugi404:20170819123027j:plain

材料(4人分)
  • 鶏もも肉 ・・・1枚(300g)
  • パプリカ(赤・黄) ・・・各1個(300g)  
  • グリーンカレーペースト・・・ 1袋(50g)  
  • ココナッツミルク・・・ 3/4缶(300g)  
  • バイマックルー(こぶみかんの葉)・・・ 5枚  
  • 香菜の根・・・ 2~3株分
  • パームシュガー・・・ 30g
  • ナンプラー・・・ 大さじ2 水 1+1/2カップ
  • 香菜の葉・・・ 適量
作り方

1.鶏肉はお好みで皮を除き、一口大に切っていきます。パプリカはヘタと種を除き、縦に6~7mm幅の細切りにしておきます。

f:id:morimugi404:20170819123218j:plain

2.香菜の根の部分を切り、バイマックルーと一緒にお茶パックに入れておきます。香菜の葉の部分は適量みじん切りにしておきます。

f:id:morimugi404:20170819123251j:plain

3.フライパンを熱してグリーンカレーペーストを弱火で混ぜながら、油がじんわりと浮いてきて熱が入ったところで、ココナッツミルク缶の上部の濃い部分(ココナッツクリーム)を大さじ5ほどすくって加え、カレーペーストとなじませるようによく混ぜ、香りが立ってきたら残りの下部のさらっとした部分を分量分注ぎ、さらになめらかになるまで混ぜます。

f:id:morimugi404:20170819123332j:plain

4.鶏肉、パプリカ、パームシュガー、ナンプラー、分量の水、②のお茶パックを加え、煮立ったら弱火にして10分煮ます。

f:id:morimugi404:20170819123409j:plain

5.お茶パックをとり出し、器にカレーを盛り、②でみじん切りにした香菜の葉を添えたら完成です。固めに炊いたごはんや、ゆでたそうめんにかけて召し上がるのもオススメです。

✱POINT✱

●そうめんの場合、茹でてしっかりと水気をきります。

●日本米を添える場合は固めに炊くのがオススメです。

f:id:morimugi404:20170819123443j:plain

各種スパイス説明

f:id:morimugi404:20170819234333j:plain

グリーンカレーペースト

香菜などの緑色のハーブや数種類のスパイス、青唐辛子から作られたハーブの風味と爽やかな辛味と深みのある味わいで人気のカレーぺーストです。

ココナッツミルク

ココナッツの固形胚乳から作られ、甘い風味で、料理やデザートに幅広く使われます。辛いタイカレーをまろやかにするのに欠かせなく、置いておくと濃厚なペースト状のものが分離して上面に浮いてきます。これをココナッツクリームと呼びます。

バイマックルー

東南アジアのミカン科植物、こぶみかんの葉。ライムのような香りで、トムヤムクンをはじめタイ料理には欠かせません。生のものが好ましいが、乾燥の場合は量を増やして使います。

※バイマックルーとココナッツミルクで【マッサマンカレー】も作れます!

香菜(シャンツァイ)

タイ語で「パクチー」と呼ばれる、近年日本でも人気の独特で爽やかな香りのハーブです。通常は葉を使うことが多いですが、根の部分は煮込み料理の香味にも使用することができます。

※パクチーを使った【香味野菜餃子】もオススメです。

パームシュガー

砂糖ヤシから作られるミネラル分が豊富でな茶色い砂糖。キャラメルのような風味の素朴でまろやかな味でタイ料理には欠かせない。手に入らない場合は水あめで代用しても可。