麦めしブログ

美味しいもの大好き!見てるだけで美味しい、幸せな気分になれるブログを目指します!

2016年11月

ノンストップ!笠原将弘のおかず道場【すき焼き炒め】レシピ

こんにちは!

ノンストップ!「笠原将弘のおかず道場」では、【すき焼き炒め】を紹介していました。お鍋で作るすき焼きを手軽にフライパンで簡単に出来る1品です。

仕上げにメレンゲを乗せることでバツグンに美味しく仕上がります。規定の材料の他に大根やきのこを入れても美味しいです。料理のレシピとポイントを詳しく載せておきたいと思います。

すき焼き炒め

材料(4人分)

●牛肉(切り落とし)・・・300g

●こんにゃく・・・1枚

●白菜・・・1/8枚

●長ねぎ・・・1本

●砂糖・・・大さじ3

〈合わせ調味料〉

●しょう油・・・大さじ4

●水・・・200cc

●酒・・・大さじ4

 

●卵・・・4個

作り方

1.牛肉は食べやすい大きさに、白菜はザク切りに、長ねぎは斜め薄切りにし、コンニャクは手で束安い大きさにちぎる。

✱POINT✱

コンニャクは手でちぎると味が染み込みやすくなる。

材料を切る

2.熱したフライパンにサラダ油(大さじ2)をひき牛肉を先に炒め、少し焼き色がついたところで、砂糖をまぶしてさらに炒める。

✱POINT✱

●砂糖を直接、肉にまぶして炒めると柔らかくなり、旨味も増す。

肉を炒める

3.牛肉を炒めた所に野菜とコンニャクを入れておよそ3分炒める。

残りの具材を入れる

4.合わせ調味料を作る。

ボウルに、しょう油、酒、水を加えて③にかけて煮詰める。

合わせ調味料を作る

5.卵を卵黄と卵白に分けて卵白を泡立器で混ぜてメレンゲを作り、すき焼き炒めの上にのせ、さらにその上に卵黄をのせて好みで一味唐辛子をかけたら完成。

メレンゲを作り盛り付ける

男子ごはん【カルビチム】と【チャプチェ】のレシピ

【カルビチム】【チャプチェ】

こんにちは!

男子ごはんでは韓国を訪れて本場の韓国の家庭料理【カルビチム】と【チャプチェ】を紹介していました。

【カルビチム】は韓国のお正月やお盆には必ず出てくる定番料理です。「チム」とは韓国語で「蒸す」という意味で、骨付きカルビのうま味を堪能する煮込み料理です。

同じく【チャプチェ】も韓国の定番料理です。日本でも幅広く知られていて、定番になってきていますよね。

少々時間と手間はかかりますが、日本でも手に入る材料なので、日本にいながら韓国を堪能できますよ!レシピとポイントを詳しく載せておきたいと思います。

続きを読む

3分クッキング【きのこと鶏肉のオイスターソース炒め】レシピ

こんにちは!

3分クッキングでは、たっぷりのきのこを使う【きのこと鶏肉のオイスターソース炒め】を紹介していました。

きのこが美味しい季節ならではのお料理です。

少し濃い目の味付けなので、ごはんにとても良く合います。

料理のレシピとポイントを残しておきます。

きのこと鶏肉のオイスター炒め

材料(4人分)

⚫︎鶏もも肉(大)・・・1枚(300g)

 (塩、こしょう各少々 酒、片栗粉各大さじ1)

⚫︎エリンギ・・・2パック(200g)

⚫︎舞茸・・・2パック(200g)

⚫︎赤唐辛子の小口切り・・・1本分

(合わせ調味料)

⚫︎オイスターソース・・・大さじ1

⚫︎しょうゆ・・・大さじ1

⚫︎酒・・・大さじ1

⚫︎水・・・大さじ2

●油、ごま油

作り方

1.鶏肉は余分な脂をとり除き、一口大に細長く切る。塩、こしょう、酒、片栗粉をもみ込む。

*POINT*

⚫︎鶏肉はきのこの大きさに合わせてそぎ切りにします。

●鶏肉の片栗粉は最後のとろみになるので、正確に計量して入れる。

鶏肉の下準備

2.エリンギは縦半分にし、斜め2cm幅に切る。舞茸は石づきを除き、手で大きめに裂く。

*POINT*

⚫︎エリンギは歯ごたえが残る切り方にします。

きのこを切る

3.合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておく。

合わせ調味料を作る

4.中華鍋に油大さじ1を熱し、①の鶏肉を焼きつけるように炒め、ふたをして3~4分火を通し、とり出す。

*POINT*

⚫︎きのこを強火でしっかり炒めることが大切。焼きつけるように火を通し、香りとうま味を引き出し、蓋をしてシッカリと中まで火を通す。

きのこと鶏肉を焼く

5.中華鍋をきれいにふき、油、ごま油各大さじ1を熱して、エリンギを強火で炒め、舞茸も加える。きのこが吸った油がもう一度出てくるまでよく炒め、香りが出て焼き色がついたら、赤唐辛子、④の鶏肉、合わせ調味料を加えて手早く炒め合わせる。

調味料と一緒に炒める

 

3分クッキング【ミロトン】と【にんじんごはん】レシピ

こんにちは!

3分クッキングではハヤシライスの原型とも言われているフランスの煮込み料理【ミロトン】を紹介していました。おもてなしにもピッタリのフランスの家庭料理で、じっくりと炒めるタマネギと最後に入れるピクルスの酸味がポイントです。

ミロトンと一緒に【にんじんごはん】も紹介されていました。人参が苦手なお子さんも、甘くなった人参で食べやすくなりますよ。

レシピとポイントを詳しく残しておきたいと思います。

ミロトン

材料(4人分)

⚫︎牛肉(切り落とし)・・・300g

⚫︎バター・・・10g

⚫︎塩・・・少々

⚫︎玉ねぎ・・・1+1/2個

⚫︎バター・・・20g

⚫︎トマト(大)・・・1個

⚫︎ピクルス(ガーキン)・・・1+1/2袋(60g)

⚫︎白ワインビネカー・・・大さじ1+1/2

⚫︎水・・・1カップ

⚫︎塩・・・小さじ1/2

⚫︎こしょう・・・少々

作り方

1.玉ねぎは縦に薄切りにする。厚手の鍋を熱してバターを溶かし、玉ねぎを入れて最初は強めの火加減で炒め,水分が飛んでしんなりしてきたら弱火にし、30~40分かけて濃い茶色になるまでじっくりと炒める。

*POINT*

⚫︎ポイントは玉ねぎをじっくり炒めること、火加減に気を配り、時々鍋底をこそげながら茶色に炒めます。(この色で仕上げの色が決まる)

玉ねぎを炒める

2.トマトは皮を湯むきして種を除き、ざく切りにする。ピクルスは斜め薄切りにする。

トマトを湯剥きして切る

3.牛肉は大きいものは一口大に切る。フライパンを熱してバターを溶かし、牛肉を強火で色が変わるまで炒め、軽く塩をして(1)の鍋に移す。

牛肉を炒める

4.③にトマト、白ワインビネガー、分量の水を加え、煮立ったら弱火にしてアクを除き、ふたをして水分が少なくなるまで40分ほど煮る(途中ときどき混ぜ、焦げつきそうなら水少々を足す)。

*POINT*

⚫︎少ない水分で煮るので、弱火にして時々鍋底をこそげながら煮ること。

煮込む

5.煮上がりにピクルスを加えてひと煮し、味をみて塩、こしょうで調味する。

*POINT*

⚫︎仕上げにピクルスを加えることで、味がひき締まり、酸味と甘みの調和のとれた一皿になる。

ピクルスを入れる

6.器に「にんじんごはん」(もう一品参照)を盛り、ミロトンを盛る。

盛り付ける

にんじんごはん

ミロトンと一緒に食べると相性バツグンで美味しいです。甘くてお子さんも食べやすい1品です。

にんじんごはん

材料(4人分)

⚫︎ごはん(温かいもの)・・・茶碗4杯分(600g)

⚫︎にんじん・・・(小)1本

⚫︎バター・・・20g

⚫︎塩、こしょう・・・各少々

作り方

1.にんじんはすりおろす。

2.フライパンにバターを溶かし、にんじんをパラパラになるまで炒める。ごはんを加えて炒め合わせ、仕上げに塩、こしょうで調味する。

炒める

 

ノンストップ!坂本昌行の今日のOnedish【シイタケのジャガづめあんかけ】レシピ

こんにちは!

ノンストップ!の坂本昌行の今日のOnedishでは【シイタケのジャガづめあんかけ】を紹介していました。

旬の厚みのるシイタケとジャガイモのホクホクした食感が相性バツグンです。さらに、特製のあんかけをたっぷりとかけて食べるボリューム満点のおかずです。

ふっくら焼き上げたシイタケと風味豊かなジャガイモに熱々の和風あんは、寒い日にピッタリの1皿です。レシピとポイントを詳しく紹介します。

シイタケのジャガづめあんかけ

材料(2人分)

●シイタケ・・・6ケ

●ジャガイモ・・・1個(120g)

●ツナ・・・1缶(75g)

●片栗粉・・・大さじ2

●塩・・・適量

●カレー粉・・・小さじ1/3

●粉チーズ・・・大さじ1

〈和風あん〉

●水・・・150cc

●人参・・・15g

●絹さや・・・5枚

●めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ2

(水溶き片栗粉)

●水・・・小さじ2

●片栗粉・・・こさじ1

作り方

1.ジャガイモを茹で、人参、絹さやを千切りにしておく。シイタケの軸も取っておく。

野菜の下準備

2.ボウルに、マッシャーなどで潰したジャガイモ、ツナ、片栗粉、塩、カレー粉、粉チーズを加えて混ぜ合わせる。

✱POINT✱

●カレー粉を入れることでスパイシーな風味✕味に奥行きをプラス出来る。

タネ作り

3.②のタネを6等分にして丸めて、①で軸の取っておいたシイタケに詰めていく。

シイタケに詰める

4.熱したフライパンにサラダ油をひき、シイタケの傘を下にして並べ入れて蓋をしておよそ5分ほど弱火で焼いていく。さらにひっくり返して3分ほど焼く。

焼く

5.焼いている間に和風あんを作る。

沸かしたお湯(150cc)に千切りした人参、絹さやを入れて2分ほど加熱し、めんつゆを加えてひと煮立ちさせたら、水溶き片栗粉でとろみをつける。

和風あんを作る

6.器にシイタケを盛り付け、特製和風あんをたっぷりとかけたら完成。

器に盛ったら完成

 

↑このページのトップヘ