麦めしブログ

美味しいもの大好き!見てるだけで美味しい、幸せな気分になれるブログを目指します!

2016年12月

3分クッキング 【ラムレーズンきんとん】と【白みそサワークリームディップ】レシピ

【ラムレーズンきんとん】と【白みそサワークリームディップ】

こんにちは!

3分クッキングでは、洋菓子のような【ラムレーズンきんとん】を紹介していました。ラム酒の香りとドライフルーツの程よい甘さでいつもと違ったきんとんに仕上げます。

また、一緒に【白みそサワークリームディップ】も添えると、例年とは違ったお正月のお料理が楽しめますよ。

レシピとポイントを詳しく残しておきたいと思います。

ラムレーズンきんとんレシピ

ラムレーズンきんとん

洋風のきんとんです。保存は保存容器に入れて冷蔵庫へ。3日ほど保存可能です。

材料

⚫︎さつま芋・・・1本(400g)

⚫︎レーズン・・・50g

⚫︎干しいちじく・・・6個(30g)

ラム酒・・・大さじ3

●水・・・大さじ3

●砂糖・・・大さじ2

作り方

1.さつま芋は皮ごと3等分する。蒸し器に入れ、強火にかけて、蒸気が上がってきたら弱めの中火にし、竹串がスッと通るくらいやわらかくなるまで15分ほど蒸す。

*POINT*

⚫︎さつま芋は皮つきのまま蒸すこと(鮮やかな黄色になるので)

さつまいもを蒸す

2.干しいちじくはレーズンくらいの大きさに切り、レーズンとともに小鍋に入れ、ラム酒と分量の水を加えて10分ほどおく。砂糖を加えて中火にかけ、ひと煮立ちさせてアルコール分を飛ばし、砂糖を溶かして火を止める。

*POINT*

⚫︎レーズンに干しいちじくを混ぜることで、食感が変わりアクセントになる。

⚫︎干しいちじくは刻んでから、レーズンとともにラム酒につけてやわらかくもどし、香りを移す。

ラム酒とレーズンを火にかける

3.さつま芋の皮をむいてボウルに入れ、熱いうちに温かい2を加え、さつま芋をつぶしながらよく混ぜる。

*POINT*

⚫︎さつま芋は熱いうちにつぶし(完全につぶさなくてOK)、ラムレーズンと混ぜるとツヤよく仕上がります(いちじくがアクセントに)。

 

さつまいもとラムレーズンを和える

*茶巾絞りにしてもオシャレです*

⚫︎ぬらして固く絞ったさらし(またはラップ)に、ラムレーズンきんとんをのせ、口をキュッと絞って形を作る。器に盛り、あれば金箔を飾る。

 

白みそサワークリームディップレシピ

白みそサワークリームディップ

混ぜるだけの速攻レシピ!急なお客様へも便利です。

保存は保存容器に入れて冷蔵庫へ。4日ほど保存可能です。

材料

●白みそ・・・大さじ3

●サワークリーム・・・大さじ3

●レモン汁・・小さじ1

●くるみ(無塩)・・・20個(60g)

作り方

 

  1. ボウルに白みそ、サワークリーム、レモン汁を入れてよく混ぜ、2~3等分に割ったくるみを加えてさっくりと混ぜる。

    サワークリーム、クルミを和える

  2. ①を器に盛り、好みでクラッカーや薄切りのバゲットなどを添える。

*POINT*

⚫︎白みそサワークリームディップの白みそは甘い西京みそを使います。

MOCO'Sキッチン【もこみち流 チキンオニオングラタンスープ】レシピ

こんにちは!

MOCO'Sキッチンでは、具だくさんでうま味たっぷりの寒い日にピッタリの【もこみち流 チキンオニオングラタンスープ】を紹介していました。香りも良く濃厚で2種類のチーズを使うことで深みを出すのがポイントです。

レシピとポイントを詳しく残しておきたいと思います。

もこみち流 チキンオニオングラタンスープ

材料

⚫︎鶏もも肉・・・1枚

⚫︎塩・こしょう・・・各少々

⚫︎にんにく・・・1片

⚫︎マッシュルーム(茶・白)・・・各4個

⚫︎オリーブオイル・・・大1

⚫︎バター・・・大2

⚫︎玉ねぎ・・・1個

⚫︎リーキ・・・1/2本

⚫︎ローズマリー・・3枝

⚫︎チキンコンソメスープ・・・500ml

⚫︎白ワイン・・・大2

⚫︎バゲット(薄切り)・・・1/2本分

⚫︎ピザ用チーズ・・・100g

⚫︎パルミジャーノチーズ(すりおろし)・・・適量

⚫︎イタリアンパセリ・・・適量

作り方

(1)鶏もも肉は、一口大にそいで切り、塩、こしょうする。

鶏肉に塩コショウする

(2)にんにく、マッシュルーム、玉ねぎは薄切り、リーキは小口切りにする。

*POINT*

●多めの玉ねぎを使い より香りとコクを引き出す。

⚫︎野菜がふんだんに入ったスープに仕上げる。

野菜を切る

(3)煮込み鍋にオリーブオイルを熱し①をこんがりと炒め取り出す。

①を焼く

(4)③の鍋で②を炒め、バターを加え、③を戻し、チキンコンソメスープを注ぎ、ローズマリーを入れ、白ワインを加える。

調味料を加える

(5)④にバゲットを乗せ、パルミジャーノチーズのすりおろし、ピザ用チーズを散らし、230度に予熱したオーブンに入れて約15分こんがりと焼き上げイタリアンパセリのみじん切りを散らす。

*POINT*

●厚めに切ったバゲットでボリュームUP

バゲットをのせて仕上げる

3分クッキング【かきと豆腐のチゲ】レシピ

こんにちは!

3分クッキングでは、寒いこの季節にピッタリの【かきと豆腐のチゲ】を紹介していました。白菜キムチと煮干しのうま味がたっぷりの体も心も温まる鍋料理です。

レシピとポイントを詳しく載せておきたいと思います。

3分クッキング【かきと豆腐のチゲ】レシピ

材料(4人分)

⚫︎かき・・・300g

⚫︎木綿豆腐・・・1丁(400g)

⚫︎にら・・・1わ(100g)

⚫︎白菜キムチ・・・150g

⚫︎煮干し・・・25g

⚫︎水・・・3カップ

⚫︎みそ・・・大さじ1+1/2

⚫︎砂糖・・・小さじ2/3

●塩、ごま油

作り方

1.かきは塩水で洗い、ペーパータオルにのせて水気をきる。フライパンにごま油大さじ1を熱し、かきの表面をさっと焼き、とり出す。

*POINT*

⚫︎かきは表面を焼きつけてから加えるのがポイント、臭みが消え煮込み時間も短くなります。

●かきを炒めた時に出た汁もうま味となるので取っておく。

かきを炒める

2.木綿豆腐は水をきり、2cm角に切る。にらは4cm長さに切る。白菜キムチは、長ければ食べやすく切る。

✱POINT✱

●キムチは少し酸味のあるものがオススメです。

3.煮干しは頭と腹ワタをとる。

4.鍋にごま油大さじ1+1/2を熱し、③の煮干しを炒め、油がまわったら白菜キムチの半量を加えて炒める。分量の水を加え、みそに鍋の煮汁を少量加えて溶き入れ、砂糖を加え、豆腐を入れてひと煮する。

*POINT*

⚫︎キムチの半量を炒めて煮干しだしにうま味をプラスしてます。

⚫︎キムチの塩分が濃い場合はみその分量を加減します。

 ●煮干しをごま油で炒めることで臭みがとれる。

煮干しとキムチを炒める

5.①のかきを加え、残りの白菜キムチ、にらを加えてひと煮する。好みで一味唐辛子をふる。

カキを入れて煮る

 

ノンストップ!行列シェフのまかない家ごはん【和風キーマカレー】レシピ

こんにちは!

ノンストップ!「行列シェフのまかない家ごはん」では、新宿荒木町にある「鈴なり」の店主・村田明彦シェフがうま味がたっぷりの【和風キーマカレー】を紹介していました。カレーの概念を変える村田シェフの驚きのテクニックは必見です。

レシピとポイントを詳しく載せておきたいと思います。

【和風キーマカレー】

材料〈2人分〉

●豚ひき肉・・・250g

●ショウガ・・・8g

●ニンニク・・・1/2片

●ごぼう・・・1/2本

●玉ねぎ・・・1/2個

●トマト・・・1/2個

●油揚げ・・・1/2枚

●味噌・・・大さじ1弱

●カレー粉・・・大さじ1強

●砂糖・・・大さじ3/4

●だし・・・400cc

●しょう油・・・大さじ1

●かつお節・・・8g

 

●ごはん・・・茶碗2杯分

●かつお節・・・3g

(トッピング)

●万能ネギ・・・適量

●白いりごま・・・適量

●温泉卵・・・適量

 

作り方

1.野菜、油揚げ、ショウガ、ニンニクをみじん切りにしておく。

 

2.サラダ油・ごま油(各大さじ3/4)を鍋にひき、みじん切りにしたニンニク、ショウガを入れて香りが出てきたら野菜類と油揚げを入れてしんなりするまで炒める。

✱POINT✱

●うま味が出るので油揚げは入れたほうが美味しい。

野菜を炒める

3.野菜がしんなりしてきたら豚ひき肉を入れて叩きながらほぐしていく。さっと炒めたら具材を鍋の端に寄せて、空いた所に味噌、カレー粉を入れて、味噌とカレー粉を焼き付けるように炒めたら具材と合わせていく。

✱POINT✱

●焼き付けるように炒めることで、香りと風味がアップする。

カレー粉、味噌を焼き付ける

4.具材がなじんだら、砂糖、だし汁、しょう油を加えて煮詰めていく。

✱POINT✱

●具材を煮込むより煮詰めることでうま味が具材に入り込み、かつジューシーに仕上がる。

煮詰める

5.煮詰まってきたらかつお節を入れる。

煮詰まってきたらかつお節を入れる

6.ご飯にもかつお節を混ぜ込み、⑤のルーをかけてトッピングの白いりごま、万能ネギ、温泉卵をのせて完成。

✱POINT✱

●具材は鶏挽き肉でも、牛ひき肉でもOK。野菜は人参を入れても美味しい。

盛り付けて完成

3分クッキング【鶏肉のクリーム煮】と【パセリライス】レシピ

こんにちは!

3分クッキングでは、鶏胸肉と鶏のもも肉の両方を使ったクリーム料理【鶏肉のクリーム煮】と、一緒に食べると美味しさも豪華さもアップする【パセリライス】の2品を紹介していました。ベーコンを使ってコクを出し生クリームは控えめに使ってサッパリと仕上げてあります。おもてなしにもピッタリな2品のレシピとポイントを詳しく残しておきたいと思います。

3分クッキング【鶏肉のクリーム煮】と【パセリライス】

材料(4人分)

⚫︎鶏もも肉と鶏胸肉(合わせて)・・・600g

 (塩小さじ1/2 こしょう少々)

⚫︎玉ねぎ・・・1/2個

⚫︎白ワイン・・・1/2カップ

⚫︎スープ(鶏ガラスープの素小さじ1/2を水で溶く)・・・1+1/4カップ

⚫︎ベーコン(厚切り)・・・100g

⚫︎マッシュルーム・・・5個

⚫︎生椎茸・・・2~3枚

⚫︎グリンピース(冷凍)・・・100g

⚫︎生クリーム・・・1/2カップ

●ブールマニエ・・・大さじ1+1/2

作り方

1.鶏肉は大きめの一口大に切り(1枚を4~5等分)、塩、こしょうをふり、1時間ほどおく。玉ねぎは1cm角に切る。

*POINT*

⚫︎鶏肉はもも肉、胸肉の両方を使うのがおいしさのポイント、肉の食感の違いが楽しめます。

鶏肉は1時間おく

2.鍋を熱してバター20gを溶かす。鶏肉の水気をふきとって小麦粉を薄くまぶし、皮目を下にして入れ、軽く色づく程度に両面を焼いてとり出す。

*POINT*

⚫︎クリーム煮は白く仕上げたいので、鶏肉はあまり色づけないように焼きます。

鶏肉を焼く

3.鍋の油をざっとふきとり、油大さじ1を足して玉ねぎを炒め、透明感が出てきたら白ワインを加え、強火で半量くらいになるまで煮つめる。スープの半量を加えて鍋の焦げつきをヘラで落とし、さらに残りのスープを加え、鶏肉を戻し入れてふたをし、弱火で20~25分煮る。

弱火で煮る

4.ベーコンは1cm角に切る。マッシュルームは1cm幅に切る。生椎茸は石づきを除き、半分に切ってから1cm幅に切る。

*POINT*

⚫︎ベーコンと生クリームでコクをプラスします。

5.フライパンを熱してバター20gを溶かし、(4)のベーコンときのこ類、凍ったままのグリンピースを加えてさっと炒め、(3)の鍋に加える。生クリームを加えてさっと煮立て、ブールマニエで軽くとろみをつけ、ひと煮する。

*POINT*

ブールマニエは煮汁の状態を見ながら、少量ずつ煮汁に溶かし込むように加えるのがポイント。クリーム煮は軽くとろみがつく程度がおいしい。

生クリームを加える

6.パセリライスをプリン型などで抜いて器に盛り、鶏肉のクリーム煮を盛る。

*POINT*

⚫︎野菜はかぶやカリフラワーなどもおすすめ。

盛り付ける

ブールマニエ

ブールマニエ

●フランス料理に欠かせない「ブールマニエ」は、同量の小麦粉とバターを混ぜるだけで簡単に作れる“とろみつけの素”。シチューやグラタンなど、ホワイトソースを使うものや、煮込み料理、スープなどに使われます。

 

パセリライス

簡単に見た目が豪華になります。

材料(4人分)

⚫︎ごはん(温かいもの)茶碗2+1/2杯分(400g)

⚫︎パセリのみじん切り大さじ3

⚫︎バター10g

作り方

1.ごはんにパセリのみじん切りとバターを加え、さっくりと混ぜ合わせる。

 

↑このページのトップヘ