麦めしブログ

美味しいもの大好き!見てるだけで美味しい、幸せな気分になれるブログを目指します!

2017年07月

ノンストップ!「行列シェフのまかない家ごはん」「金蔦」盛山貴行シェフの「漬け物de豚しゃぶ」レシピ

f:id:morimugi404:20170731221051j:plain

こんにちは!

ノンストップ!内のコーナー「行列シェフのまかない家ごはん」では東京・六本木にある予約の取れない人気店「金蔦」の総料理長・盛山貴行シェフが「漬け物de豚しゃぶ」を紹介していました。

暑い夏の食欲のない日でも、お箸が止まらなくなるサッパリおかずです。

豚肉は茹でていてヘルシーで、漬け物で巻いているのでごはんが進みますよ。

さっぱりなのに旨味たっぷりに仕上がる盛山シェフならではのレシピは必見です!

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 豚モモ薄切り肉・・・80g

(片栗粉・・・適量)

  • 白菜・・・1/8個(250g)分

(番組では市販の漬け物を使用)

  • 大根おろし・・・200g分

《タレ》

  • みりん・しょうゆ・・・各大さじ2

《薬味》

  • 大根(汁)・・・200g分
  • 青じそ・・・2枚
  • 梅肉(大)・・・1個分
  • カツオ節・・・2g

《付け合せ》

  • オクラ(塩ゆで)・・・4本

※大根おろしとサバの水煮缶で出来る【サバと大根おろしの和風パスタ】もオススメです。

作り方

1.大根をすりおろし、ザルで大根おろしと汁に分けておく。豚モモ薄切り肉に片栗粉をまぶし、沸騰させたお湯で色が変わるまで茹でる。

2.《タレ》を作る。鍋にみりん・しょうゆ、①で作った大根おろしの汁を入れて、みりんのアルコールが飛ぶ程度まで煮て、氷水で冷やしておく。

✱POINT✱

●大根の絞り汁でさっぱりタレに仕上げる。汁を水代わりに使用することで、旨味と栄養素を余すこと無く味わえる。

3.①で茹でておいた豚肉を②で冷やしておいたタレに2~3分ほど漬けておく。

4.③でタレにつけた豚肉の水気を軽く拭き取り、ラップを広げた上に白菜の漬け物を広げ、その上に豚肉を並べて、のり巻きの要領で巻いていき、少しおいておく。

✱POINT✱

●少し時間をおくとより美味しく仕上がる。時間がある場合は1~2時間、急いでいる場合は5~10分ほどおいておく。

f:id:morimugi404:20170731221507j:plain

5.ラップの上から包丁で一口サイズに切り、器に盛り付け、付け合せにオクラも添える。

✱POINT✱

●ラップの上から包丁で切ることで、形が崩れにくくなる。

●付け合せは夏野菜なら何でもOK!

f:id:morimugi404:20170731221543j:plain

6.《薬味》を作る。①の大根おろしと、細かく切った青じそ・カツオ節・梅肉を混ぜ合わせ、⑤の器に添えて完成。

✱POINT✱

●梅カツオでおろしで旨味たっぷり!

f:id:morimugi404:20170731221009j:plain

男子ごはん 暑い夏にサラッと食べられる、ぶっかけめし3品【もろこし天茶めし】【冬瓜の冷やしあんかけめし】【豚バラコチュジャンめし】レシピ

f:id:morimugi404:20170730124558j:plain

こんにちは!

男子ごはんでは、食欲が落ちつつある暑い夏にサラッと食べられるアレンジごはんの「ぶっかけめし」を3品紹介していました。

旬のとうもろこしとエビの旨味を満喫できる夏のお昼にオススメの【もろこし天茶めし】や、旬を迎えた冬瓜にカツオだしをしっかり吸わせて、ひんやり冷やした餡が美味しい【冬瓜の冷やしあんかけめし】、豚バラの脂とコチュジャンを使ったピリ辛具材でごはんがすすむ【豚バラコチュジャンめし】の3品は、家にある調味料ですぐに出来てしまう便利レシピです。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

【もろこし天茶めし】レシピ

旬のとうもろこしを手軽にかき揚げに!

f:id:morimugi404:20170730124624j:plain

材料(2人分)
  • とうもろこし・・・1本(正味150g)
  • むきエビ・・・140g
  • 天ぷら粉・・・大さじ3
  • 水・・・大さじ1.5
  • 温かいごはん・・・2人分
  • 緑茶、塩、万能ねぎ(小口切り)・・・各適量
  • ごま油、サラダ油・・・各大さじ2
作り方

1.むきエビは背ワタがあれば取り除く。 とうもろこしは包丁で削るようにこそげながら実をはずしてボウルに入れる。少しほぐす。むきエビ、天ぷら粉、水の順に加えて混ぜる。

f:id:morimugi404:20170730124648j:plain

2.フライパンにサラダ油とごま油を入れて熱し、①の半量を3~4等分に分けて加える。 強めの中火で両面をカリッと揚げ焼きする。残りも同様に焼く。

✱POINT✱

●ごま油とサラダ油を少量ずつ使い 揚げ焼きにすることで油の後処理を簡単に済ませる。

f:id:morimugi404:20170730124723j:plain

3.器にごはんを盛って②をのせて塩を振り、緑茶を回しかけて、万能ねぎを振る。

f:id:morimugi404:20170730124822j:plain

※とうもろこしを使った老舗洋食店の味【冷製コーンポタージュ】は必見!

【冬瓜の冷やしあんかけめし】レシピ

冬瓜で作った餡をひんやり冷やして食べる!

f:id:morimugi404:20170730125008j:plain

材料(2人分)
  • 冬瓜・・・1/8個(正味200g
  • しいたけ・・・4個(80g)
  • かつおだし・・・300㏄

《a》  

  • しょうゆ・・・大さじ1  
  • 酒、みりん・・・各大さじ1/2  
  • 砂糖・・・小さじ1  
  • 塩・・・小さじ1/3

《b》  

  • 片栗粉、水・・・各小さじ2
  • ごはん(冷やしたもの)・・・2人分
  • 長ねぎ(小口切り)・・・適量
  • しょうが(おろしたもの)・・・適量
  • 辛子、酢・・・各適量
作り方

1.冬瓜は皮と種を取り除いて1㎝厚さの乱切りにする。 しいたけは軸を落として3~4等分に切る。

2.鍋にかつおだし、冬瓜を入れて茹でる。 冬瓜に竹串がスーッと通ったらしいたけを加えて煮る。 しいたけに火が通ったら《a》を加えてひと煮する。 よく混ぜた《b》を加えてとろみがつくまで煮詰める。ボウルに移して冷やす。

✱POINT✱

●冷やすと塩分を感じるのが弱くなるので味つけを濃く、逆にとろみは強くなるので通常よりゆるめに仕上げる。

f:id:morimugi404:20170730125103j:plain

3.器にごはんを盛って②をかけ、しょうが、長ねぎをのせ、辛子を添える。好みで酢をたらす。

f:id:morimugi404:20170730125138j:plain

※冬瓜を使った【冬瓜たっぷり!麻婆春雨】も美味しいですよ!

【豚バラコチュジャンめし】レシピ

冷蔵庫であまりがちなコチュジャンを使い切りつつ濃厚なぶっかけ飯に生かします!

f:id:morimugi404:20170730124856j:plain

材料(2人分)
  • 豚バラ薄切り肉・・・150g
  • 玉ねぎ・・・1/4個(50g)
  • にんにく(みじん切り)・・・1片
  • ごま油・・・小さじ1/2
  • 《a》  
  • 水・・・100㏄  
  • コチュジャン・・・大さじ1.5  
  • 酒・・・小さじ2  
  • しょうゆ・・・大さじ1/2

《b》  

  • 片栗粉、水・・・各小さじ1
  • 温かいごはん・・・2人分
  • レタス(千切り)、塩・・・各適量
作り方

1.豚肉はひと口大に切る。玉ねぎは少し厚めの横薄切りにする。《a》を混ぜる。

f:id:morimugi404:20170730125204j:plain

2.フライパンを熱してごま油を引き、にんにくを中火で炒める。 香りが出てきたら豚肉を加えて強火で炒め、色が変わったら玉ねぎを加えて炒める。

✱POINT✱

●ごま油の量を最小限にすることで豚バラ肉の脂を引き出す。

f:id:morimugi404:20170730125250j:plain

3.油が回ったら《a》を加えて2分煮る。 よく混ぜた《b》を加えてとろみがつくまで煮詰める。 塩(適量)で味を調える。

f:id:morimugi404:20170730125317j:plain

4.器にごはんを盛ってレタスをのせ、③をかける。

f:id:morimugi404:20170730125341j:plain

※コチュジャンの活用法は他にも!【韓国風 蒸し鶏のぶっかけそうめん】オススメです。

メレンゲの気持ち 2017年 夏の東京ディズニーランド 最新イベント&メニュー情報

f:id:morimugi404:20170729144512j:plain

こんにちは!

今日のメレンゲの気持ちでは、2017年、夏のディズニーランド の最新イベント&メニューを特集していました。

この夏の東京ディズニーランドは、スペシャルイベント「ディズニー夏祭り」と題して様々な限定イベントを8月31日まで開催しています。

注目は、この夏2年ぶりにリニューアルしたエレクトリカルパレードや最新アトラクションが話題となっています。

また、この夏しか味わえない夏限定のメニューも必見です。

さらに進化した東京ディズニーランドを、余すこと無く調べ尽くして最新の東京ディズニーランドを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

期間限定メニュー特集

一度で二度美味しい「ワッフルサンド(フライドチキン、メープルソース付き)」

f:id:morimugi404:20170729144549j:plain

ウェスタンランドにあるキャンプ・ウッドチャック・キッチンの人気メニュー「ワッフルサンド(フライドチキン、メープルソース付き)」700円(税込)は、フライドチキンをワッフルではさんだ人気メニューです。普通に食べても美味しいのですが、後半は付いているメープルソースをかけて食べると味が変わって、より美味しくなる一度で二度楽しめるメニューです。

ディズニー夏祭り限定セット「スペシャルセット」

f:id:morimugi404:20170729144622j:plain

プラザパビリオン・レストランでは、限定イベントのディズニー夏祭りにちなんだボリューム満点のスペシャルセットを販売しています。

トマトベースの冷製スープや清涼感溢れるゼリー、そしてメインのお祭りで使われる和太鼓をモチーフにした和風ハンバーグと贅沢なセットとなっています。

夏にピッタリ!「いちごシェイブスノー」

f:id:morimugi404:20170729144647j:plain

ボイラールーム・バイツにある夏限定の「いちごシェイブスノー」750円(税込)は、ふんわり食感がたまらない、いちごソースがたっぷりかかった見た目も可愛いスイーツです。アイスでもない、氷でもない新食感のスイーツを体験してみてください。

最新アトラクション&イベント情報

あまり知らない?ファンメンテナンス

f:id:morimugi404:20170729144709j:plain

ファンカストによるパークを回りながら、音とパントマイムでゲストを楽しませるパフォーマンスです。

神出鬼没でいつ現れるか分からないファンカストさんに会えたらラッキーです!ぜひ見てみてください。ハマってしまうこと間違い無しの面白さです!

夏にうってつけの「スプラッシュ・マウンテン」

f:id:morimugi404:20170729144742j:plain

東京ディズニーランドの人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」はディズニー映画「南部の唄」の世界を川を上りながら丸太のボートで冒険していくアトラクションです。夏だからこそ楽しめる、ずぶ濡れになるアトラクションです。

滝から落ちた瞬間の写真をキャラクターの台紙をつけて購入できる「ライドショット」1,300円(税込)~もオススメです。(台紙の種類によって異なります)

ドナルドダックに会える!「 ウッドチャック・グリーティングトレイル」

f:id:morimugi404:20170729144805j:plain

去年の11月に出来たばかりの ウッドチャック・グリーティングトレイル」では、ドナルドダックがお出迎えをしてくれて、ドナルドと触れ合ったり写真を撮ったりできます。ドナルドはキャンプのリーダーの格好をしていて、とても可愛いですよ。一緒に写真を撮ってくれる「ディズニー・スナップフォト」1セット1,540円(税込)もオススメです。

最新パレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」

f:id:morimugi404:20170729145026j:plain

2年ぶりにリニューアルされた「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・・ドリームライツ」は、ディズニー映画「シンデレラ」や「美女と野獣」などディズニーの人気キャラクターが乗ったフロートがリニューアルし登場です。そのなかでも、最も注目なのが「アナと雪の女王」の新しいフロートです。最新の「アナ雪」のフロートがパレードをより、美しく盛り上げます。

リニューアルし新たに追加されたフロートは計5台です。ディズニーランド最も注目のパレードは必見ですよ。

※悪天候によりショーの内容を変更、または中止になる場合があります。

まとめ

いかがでしょうか?

小さなお子さんから大人まで楽しめるディズニーランドで夏を余すこと無く楽しんでみてください。

こちらも合わせてどうぞ!

www.mugimeshi.com

3分クッキング【カオソーイ】レシピ

f:id:morimugi404:20170729120703j:plain

こんにちは!

3分クッキングでは、チェンマイなどのタイ北部でよく食べられているカレーラーメンの【カオソーイ】を「MAISON DE TUYUKI」の村上 千砂シェフが紹介していました。

高菜の上にゆでめん、揚げめんを順にのせ、カレーをかけて混ぜながら食べるのが特徴で、 辛さ、酸味、麺のカリカリ感など材料それぞれの持ち味が楽しめるカレーラーメンとなっています。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

材料(4人分)  

  • 鶏もも肉・・・ 1枚(300g)  
  • イエローカレーペースト・・・ 1袋(40g)  
  • ココナッツミルク・・・ 1缶(400g)  
  • パームシュガー ・・・40g  
  • ナンプラー・・・ 大さじ2  
  • タマリンドペースト・・・ 大さじ1  
  • 水 ・・・1+1/2カップ  
  • バイマックルー・・・ 5枚
  • 卵めん・・・ 4玉
  • 高菜漬け・・・ 200g
  • 紫玉ねぎ・・・ 1/2個
  • 香菜・・・ 適量
  • ライム・・・ 1個
  • 油・・・作り方参照

作り方

1.鶏もも肉は皮を除いて小さめの一口大に切る。

2.フライパンを熱してイエローカレーペーストを入れ、弱火で混ぜながら、熱がまわって油がわずかにしみ出て香りが立つまで炒める。

f:id:morimugi404:20170729120751j:plain

3.ココナッツミルク缶の上の濃い部分を大さじ5ほどすくって加え、カレーペーストとなじませるようによく混ぜ、残りのココナッツミルクを加え、さらになめらかに混ぜる。

f:id:morimugi404:20170729120826j:plain

4.鶏もも肉、パームシュガー、ナンプラー、タマリンドペースト、分量の水、お茶パックに入れたバイマックルーを加え、煮立ってから弱火で10分ほど煮る。お茶パックはとり出す。

f:id:morimugi404:20170729120854j:plain

 

5.卵めんは袋の表示通りにゆで、しっかりと水気をきる。このうちの半量を4等分し、180℃の揚げ油にそれぞれほぐし入れ、泡立ちが落ち着いたらめんを寄せながら形を整えてカリッと揚げ、油をよくきる。

f:id:morimugi404:20170729120921j:plain

6.高菜漬けは水に10分ほどつけて塩出しし、もみ洗いして水気を絞り、1cm幅に切る。紫玉ねぎは5mm幅のくし形に切る。香菜はざく切りにし、ライムは4等分に切る。

✱POINT✱

●高菜漬けは塩辛いので塩出しして使う。水を2~3回かえながら軽くもみ洗いし、食べてみて塩分が少し残っているくらいになればよい。

f:id:morimugi404:20170729120956j:plain

7.器に高菜漬け、ゆでためん、④の順に分け入れ、揚げためんをのせ、紫玉ねぎ、香菜、ライムを添える。ライムを絞り、全体をよく混ぜて食べる。

f:id:morimugi404:20170729121032j:plain

各種食材の説明

●イエローカレーペースト

赤唐辛子をベースににんにく、しょうが、レモングラスなどのハーブ、ターメリックなどのスパイスを加えた、タイカレーが手軽に作れるペースト。グリーンやレッドカレーよりもマイルドな辛さ。

●タマリンドペースト

熱帯アフリカ原産の常緑高木・タマリンド。実のさやと種子の間にある黒褐色でやわらかいペースト状の果肉から作られるのがタマリンドペースト。酸味があり、調味料としてカレーや煮込み料理によく使われる。

●卵めん

小麦粉、卵、塩を主材料としためんで、コシが強くてのびにくいのが特徴。ラーメンやあえめんとして食べられ、乾めんと生めんがある。ここでは細めのものがおすすめ。

●ココナッツミルク

ココナッツの固形胚乳から作られ、甘い風味で、料理やデザートにも幅広く使われる。辛いタイカレーをまろやかにするのに欠かせない。置いておくと、濃厚なペースト状のものが分離して上面に浮いてくるが、これはココナッツクリームと呼ばれる パームシュガー 砂糖ヤシから作られる、精製されていないのでミネラル分が豊富で茶色い砂糖。黒砂糖ほどクセがなく、キャラメルっぽい風味の素朴でまろやかな味。辛み、酸み、甘みを際立たせたいタイ料理に欠かせない。手に入らない場合は、水あめで代用しても。

●バイマックルー

ミカン科植物・こぶみかんの葉でさわやかなライムのような香りがしてタイ料理には欠かせない食材。

※バイマックルーを使った人気の【マッサマンカレー】もオススメです!

 

ノンストップ!「坂本昌行の今日のOnedish」【エビとズッキーニのエスニック炒め】レシピ

f:id:morimugi404:20170728204408j:plain

こんにちは!

ノンストップ!内のコーナー「坂本昌行の今日のOnedish」では【エビとズッキーニのエスニック炒め】を紹介していました。エビとズッキーニにアボカドのトロッとした旨味が絡んだ、簡単に手に入る調味料で出来る身近なエスニック料理です。

旨味を倍増させる坂本流のテクニックが、ふんだんに盛り込まれた夏に食べたいスパイシーな1品です。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • エビ・・・8尾

(下味:塩・・・適量)

  • ズッキーニ・・・1本
  • アボカド・・・1個

《合わせ調味料》

  • カレー粉・・・小さじ1
  • ショウガ・・・小さじ1
  • ニンニク・・・小さじ1/3
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 砂糖・・・小さじ1/3
  • 牛乳・・・大さじ3
  • 黒コショウ・・・適量

作り方

1.エビの背わたと殻を取り、下処理をした後、塩をふって下味をつける。

f:id:morimugi404:20170728204539j:plain

2.ズッキーニは1.5cmの輪切りにして、アボカドは1口大に切っておく。

f:id:morimugi404:20170728204601j:plain

3.《合わせ調味料》を作る。カレー粉、ショウガ、ニンニク、塩、砂糖、牛乳を入れてよく混ぜ合わせる。

✱POINT✱

●たっぷりのショウガで簡単に本格的な風味に!

●牛乳を入れることで辛味がまろやかになり、さらにコクもプラスされる。

●ココナッツミルクの代わり牛乳でエスニック風に仕上げる。

f:id:morimugi404:20170728204626j:plain

4.フライパンにサラダ油(大さじ1)をひき、下味をつけておいたエビ、輪切りにしておいたズッキーニを入れて両面にしっかりと焼き色をつける。

f:id:morimugi404:20170728204749j:plain

※旬のズッキーニで本格的な夏にピッタリの【クスクスカレー】もオススメです!

5.エビ・ズッキーニに焼き色がついたら、②で一口大に切っておいたアボカドを加えて全体に炒め絡める。

✱POINT✱

●アボカドを絡めて旨味倍増!

6.③で合わせておいた《合わせ調味料》を加えて炒め合わせ、仕上げに黒コショウをふったら器に盛り付けて完成。

f:id:morimugi404:20170728204702j:plain

↑このページのトップヘ