麦めしブログ~日々コレごちそう~

美味しいものや、お料理への愛は深いです。が、手料理の評判はイマイチ!美味しいもの好きのための美味しいもの好きによるブログ

3分クッキング【あじのたたき】【あじのさんが焼き】レシピ

スポンサーリンク

3分クッキング【あじのたたき】【あじのさんが焼き】レシピ

f:id:morimugi404:20170809122404j:plain

こんにちは!

3分クッキングでは旬の新鮮なあじをおろして、味噌、薬味を混ぜてたたきにした【あじのたたき】を紹介していました。

この【あじのたたき】をシソに包んで焼くと【あじのさんが焼き】が出来上がります。「あじのたたき」を、もう少し粘りが出るまでたたいたものを「なめろう」と呼んでいていて、千葉県の郷土料理となっています。なめろうを山小屋で焼いて食べたことが、さんが(山家)焼きのルーツだそうです【あじのたたき】【あじのさんが焼き】の作り方は下処理からたたきまでは同じ作業工程となっています。

あじのおろし方も詳しく載っていますので参考にしてみてください。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

【あじのたたき】レシピ

f:id:morimugi404:20170809122425j:plain

材料(4人分)
  • あじ ・・・3尾(450g)  

(下処理用:塩・・・小さじ1/3)  

《酢水》

  • 酢 ・・・大さじ2  
  • 水・・・ 大さじ2  
  • 万能ねぎ・・・ 3本  
  • みそ ・・・小さじ2+1/2  
  • おろししょうが ・・・1かけ分
  • 青じそ ・・・4枚
作り方

1.万能ねぎは小口切りにしておきます。あじをおろします。胸ビレの下に斜めになるように包丁を入れ、頭を切り落とし、腹ワタを除いて、中骨の近くにある血の塊を取り除きながらシッカリと手早く洗います。

✱POINT✱

●シッカリと洗うことで生臭みが取れやすくなりますが、水っぽくなるので手早くする。

f:id:morimugi404:20170809122457j:plain

2.背と腹に包丁を入れ中骨の身を取るよう切り離し、下見も同じようにして三枚におろします。腹骨を除き、ザルに広げ、両面に塩を(身側を強めに)ふり、10分ほどおきます。

f:id:morimugi404:20170809122614j:plain

3. ①をバットに入れ、分量の水を混ぜた酢をかけてさっと洗い、ペーパータオルで水気をふく。小骨を骨抜きで頭の方向に引いて抜き、頭のほうから皮を引きはがします。

✱POINT✱

●塩でしめたあじは、酢だけで洗うと身がしまり過ぎになってしまうため、酢水で洗って臭みを流します。

f:id:morimugi404:20170809122654j:plain

4. ②のあじを細切りにして、包丁でたたき、みそ、おろししょうが、飾り用を少し残した万能ねぎを加えて全体を混ぜ合わせ、さらに少したたきます。

f:id:morimugi404:20170809122721j:plain

5.器に青じそを敷いて③を盛りつけたら食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておいてくだし。仕上げに③で残しておいた万能ねぎをのせ、好みで酢じょうゆをかけて召し上がってください。

※あじをマリネ風にした【あじとグレープフルーツのマリネ】もオススメです!

f:id:morimugi404:20170809122754j:plain

 

【あじのさんが焼き】レシピ

f:id:morimugi404:20170809122835j:plain

材料(4人分)
  • あじ ・・・4尾(600g)  

(下処理用:塩・・・小さじ1/2)  

《酢水》

  • 酢 ・・・大さじ2  
  • 水・・・ 大さじ2
  • 万能ねぎ・・・ 4本  
  • みそ・・・ 大さじ1  
  • おろししょうが ・・・1かけ分
  • 青じそ・・・ 12枚 
作り方

1.あじは下処理をして三枚におろし、たたいて万能ネギ、みそ、おろししょうがを混ぜ合わせおきます。(【あじのたたき】レシピ(4)までを参照してください。)

2. ①を12等分し、青じその裏側にたたきをのせ半分にたたみ、たたきを包みます。

f:id:morimugi404:20170809122902j:plain

3.フライパンに油(大さじ1)を熱して②を入れて中火で両面を1~2分ずつ焼きます。お好みで酢じょうゆをつけて召し上がってください。

f:id:morimugi404:20170809122942j:plain