男子ごはん コウケンテツと作る夏のアレンジ麺!【韓国風冷製ごまじそジェノベーゼ】【よだれ鶏の和え麺】レシピ

f:id:morimugi404:20170723123307j:plain

こんにちは!

今日の男子ごはんでは、ゲストにコウケンテツさんを迎えて夏を涼しく過ごせるアレンジ麺2品の特集でした。

コウケンテツさんは冷製ジェノベーゼを、ごまと青じそでアレンジした【韓国風冷製ごまじそジェノベーゼ】を、心平さんは四川料理定番の冷菜、よだれ鶏を冷やし麺にアレンジした【よだれ鶏の和え麺】それぞれ紹介していました。

簡単に出来て斬新なレシピなので、麺料理に飽きてきた夏のお昼に試してみてください。

また、男子ごはんでは収穫したアローヘッドキャベツを活かしたドレッシング2品も一緒に紹介していました。このドレッシングは通常のキャベツに使っても絶品ですので、ぜひ試してみてください。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

【韓国風冷製ごまじそジェノベーゼ】レシピ

ジェノベーゼソースをごまじそでアレンジした韓国風パスタ!

f:id:morimugi404:20170723123331j:plain

  材料(2人分)
  • パスタ(細いタイプ)140g
  • 茹でタコ100g
  • ホタテ4切れ
  • 枝豆(塩茹でしてさやから取り出したもの)80g
  • アボカド1/2個
  • トマト2個
  • 【ごまじそジェノベーゼ風ソース】  
  • 白ごま大さじ3~4  
  • 玉ねぎ(みじん切りにして水にさらす)1/4個  
  • 青じそ約20~30枚  

《a》   

  • にんにく(すりおろし)少々   
  • しょうが(すりおろし)1片分   
  • ごま油約大さじ2   
  • レモン汁1/4個分(大さじ1)   
  • しょうゆ大さじ1
  • 塩、黒こしょう・・・各適量
  • ごま油、オリーブ油、レモンの皮・・・各適量
  • 酢・・・小さじ1
作り方

1.トマトは1cm角に切って、ザルにあげて軽く塩をして少し置いて余分な水気を切っておく。 アボカドはざく切りにする。

✱POINT✱

●トマトは余分な水分を落とすことでトマトの旨味を凝縮させる。

2.フライパンで白ごまを強火で焦げないようにまぜながら煎って、香りがよくなったら取り出し、すり鉢ですりごまにする。

f:id:morimugi404:20170723123550j:plain

3.トマトのナムルを作る。 ①のトマトに塩(少々)、ごま油(適量)、酢、②のすりごま(大さじ1/2)を加えて和えておく。

f:id:morimugi404:20170723123649j:plain

4.パスタは(お湯1リットルに塩大さじ1の割合)袋の表示通りに茹で、ザルにあげて冷水でもみ洗いし、しっかり水気をきる。

✱POINT✱

●塩の量は1リットルに対して大さじ1の割合で冷製にしても味が落ちずに美味しく仕上がる。

f:id:morimugi404:20170723123905j:plain

5.タコ、ホタテはランダムにそぎ切りにする。

✱POINT✱

●タコはそぎ切りにすることで、柔らかく仕上がりパスタとの絡みも良くなる。

f:id:morimugi404:20170723124033j:plain

6.ボウルにパスタを入れて水気をきった玉ねぎ、タコ、ホタテ、枝豆、アボカド、《a》、②のすりごま(大さじ2~3)、黒こしょうを加えて全体をあえる。 刻んだ青じそ(盛り付け用に少し残しておく)を加えて全体を混ぜ合わせる。

f:id:morimugi404:20170723124112j:plain

7.器に盛って④のトマトのナムルをのせる。 残りの青じそ、②のすりごま(適量)、オリーブ油、黒こしょう、レモンの皮をちらす。

f:id:morimugi404:20170723124136j:plain

【よだれ鶏の和え麺】レシピ

激辛のよだれ鶏を冷やし麺にアレンジした和え麺です。

f:id:morimugi404:20170723124204j:plain

材料(3~4人分)
  • 手羽先・・・8本(約500g)

《a》  

  • 水・・・500㏄  
  • 酒・・・50㏄  
  • しょうが・・・1片
  • きゅうり・・・6㎝
  • パクチー・・・1枝
  • 万能ねぎ(小口切り)・・・適量
  • ゆで卵(半熟)・・・2個
  • 中華麺(平打ち)・・・2玉

《b》  

  • 赤唐辛子・・・2本  
  • しょうゆ・・・大さじ2  
  • オイスターソース、ラー油・・・各大さじ1.5  
  • 白いりごま・・・大さじ1  
  • みそ・・・小さじ2  
  • 豆板醤、砂糖・・・各大さじ1/2
作り方

1.手羽先は身の方に包丁で切り込みを入れながら軟骨を切り離す。 鍋に《a》、手羽先を入れて蓋をして強火にかけ、沸いてきたら弱火で30分くらい茹でる。冷ます。

✱POINT✱

●よだれ鶏のもも肉、むね肉の代わりに手羽先を使うことで歯ざわりがよく、濃厚なダシに仕上がる。

f:id:morimugi404:20170723124231j:plain

2.きゅうりは斜め2㎜厚さに切ってから縦細切りにし、パクチーの葉は摘み、茎は粗みじん切りにする。

f:id:morimugi404:20170723124256j:plain

3.①の手羽先を取り出し、骨を抜いて身をほぐす。

f:id:morimugi404:20170723124433j:plain

4.《b》の赤唐辛子はちぎって種ごとボウルに入れ、その他の《b》の材料、①の茹で汁(150㏄)を加えて混ぜる。

f:id:morimugi404:20170723124459j:plain

5.中華麺は袋の表示時間通りに茹で、流水でよく洗って水気をきる。

6.器に⑤を盛ってきゅうり、③の鶏肉をのせる。 ④をかけ、パクチー、万能ねぎをちらし、半分に切ったゆで卵を添える。

f:id:morimugi404:20170723124547j:plain

 変わり種野菜の【アローヘッドキャベツ】ドレッシング2品

男子ごはんで収穫されたアローヘッドキャベツを活かしたドレッシング2品です。

f:id:morimugi404:20170723124610j:plain

ケンテツさんレシピ 【韓国風かぼす風味のピリ辛ドレッシング】レシピ

韓国風なのでお肉との相性バツグン!前菜にどうぞ!

f:id:morimugi404:20170723124637j:plain

材料(3~4人分)
  • アローヘッドキャベツ・・・1/2個
  • かぼすの輪切り・・・1枚
  • 韓国のり・・・4~5枚
  • 塩・・・約小さじ1/2
  • ごま油・・・約大さじ2
  • かぼすの搾り汁・・・大さじ1
  • 韓国唐辛子(粉)・・・少々
  • 赤唐辛子(斜め切りにしたもの)・・・1本
作り方

1.細切りにしたアローヘッドキャベツに、塩、ごま油、かぼす汁をかけてちぎった韓国のり、赤唐辛子、粉唐辛子を加えて和える。 かぼすの輪切りを添える。

【こしょう風味の和辛子ドレッシング】レシピ

ディップタイプのドレッシングです。

f:id:morimugi404:20170723124717j:plain

材料(3~4人分)
  • アローヘッドキャベツ・・・1/2個
  • マヨネーズ・・・大さじ3
  • 和辛子・・・小さじ1/2
  • レモン汁、黒こしょう・・・適量
作り方

1.マヨネーズ、和辛子、レモン汁、黒こしょうを混ぜる。

2.ちぎったアローヘッドキャベツを器に盛りつけ、①を添える。

 

※前回の男子ごはん夏野菜を美味しく食べる4品特集もオススメです。

www.mugimeshi.com

  Sponsores Link