ノンストップ!「笠原将弘のおかず道場」【冷やし和中華】レシピ

f:id:morimugi404:20170725120425j:plain

こんにちは!

ノンストップ!内のコーナー「笠原将弘のおかず道場」では【冷やし和中華】を紹介していました。

マンネリになりがちな冷やし中華に、タレには大根のすり下ろしを使い、この時期ならではの大根の旨味と辛味を活かし、具にもすり下ろしたキュウリで一手間を加えて仕上げることで、いつもとはひと味違った、さっぱりとした和風の冷やし中華になります。

簡単にお店の味になる笠原流のテクニックは必見です。

レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 中華麺・・・2玉

《タレ》

  • 大根・・・300g
  • 酢・・・50cc
  • しょうゆ・・・25cc
  • 砂糖・・・大さじ1
  • ゴマ油・・・小さじ1/2

《鶏ササミ下処理》

  • 鶏ササミ・・・2本
  • 水・・・400cc
  • 酒・・・大さじ1/2
  • 塩・・・小さじ1/2

《鶏ササミ味つけ》

  • サラダ油・酢・・・各大さじ1/2
  • 塩・砂糖・一味唐辛子・・・各適量
  • キュウリ(すり下ろす)・・・1/2本

《錦糸卵》

  • 卵・・・1+1/2個
  • サラダ油・水・・・各大さじ1
  • 塩・砂糖・・・各適量

《付け合せ》

  • 青じそ・・・5枚
  • ミョウガ・・・1+1/2個

※笠原流、夏にピッタリのさっぱりレシピ【豚ロースのさっぱり焼き】もオススメです。

作り方

1.中華麺を茹でて水でしめて冷やしておく。付け合せの青じそ・ミョウガは細切りにしておく。

2.大根をすり下ろしたら、酢、しょうゆ、砂糖、ゴマ油を入れてタレを作る。

✱POINT✱

●大根のおろし汁でサッパリさせる。

f:id:morimugi404:20170725120600j:plain

3.具材を作る。鍋に水を入れて沸騰させる。酒・塩を加えて、筋を取った鶏のササミを入れて色が変わってきたら火を止めて5分ほど余熱で火を通す。

✱POINT✱

●鶏のササミを茹でる時は、酒を入れることで臭み消し、塩を入れることで味がつく。

f:id:morimugi404:20170725120626j:plain

4.5分経ったら②のササミを取り出し、細かくほぐし味つけをしていく。

サラダ油・酢・塩・砂糖・一味唐辛子・すり下ろしたキュウリを入れて和える。

✱POINT✱

●ササミは脂分がないのでサラダ油を加えることで美味しくなる。

●砂糖・塩はふたつまみ程度。一味唐辛子はお好みで加減してください。

●すり下ろしたキュウリを入れて麺と具を絡みやすくさせる。

f:id:morimugi404:20170725120649j:plain

5.錦糸卵を作る。卵を溶き、水・サラダ油・塩・砂糖を加えて混ぜ、フライパンで薄く両面を焼き、細切りにする。

6.①で茹でておいた中華麺の上に②で作った大根おろしのタレをたっぷりとかけ、④の鶏のササミ、⑤の錦糸卵、①の青じそ・ミョウガを盛り付けたら完成。

f:id:morimugi404:20170725120724j:plain

  Sponsores Link